PR この記事にはアフィリエイトの広告を掲載しています。

シンデレラレンズって何よ?おすすめシンデレラレンズを紹介

カメラのあれこれ

この記事にはアフィリエイトの広告を掲載しています。

メリークリスマスですね。

軽くぎっくり腰になった可能性が、、腰が痛いぜ。

みなさんシンデレラレンズって知ってる?

僕はこの言葉を一昨日知りました。。シンデレラレンズ??なんやそれ!新しいレンズ??

っと思い調べました。

【結論】単焦点レンズのことです

シンデレラレンズとは??

「安価なのにも関わらず、綺麗な写真が撮れる、非常にコストパフォーマンスが良いレンズ」

だそうです。昔は撒き餌レンズとも言われていました。

撒き餌とは、漁や釣りを行なう際に仕掛けの近くに獲物を集めるためにばらまくエサのことであるが、あくまで集めるためなので通常あまり高価なものは使用しないとされる。 これにならって、安価ながらよい写りをし、コストパフォーマンスが高いとされる交換レンズが撒き餌レンズと名付けられ、カメラ業界で幅広く使われるようになった。

、、、なんといやらしい由来でしょう。

単焦点レンズかズームレンズか。初心者が買うべきは?? 【好きな倍率を見つけよう】
この記事にはアフィリエイトの広告を掲載しています。 風邪が治らなねぇ! 今回は初めて買うならどっち?って話をしたいと思います 結論としてはズームレンズを買い、使い込んで好きな倍率を見つけて欲しいです ...

安く買えて、ボケ感が出て、明るいレンズという初心者からしたら喉から手が出る品物です。

新品でも安かったら中古ならも少し安くなりますしね

https://877cam.com/%e3%82%ab%e3%83%a1%e3%83%a9%e3%81%ae%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%ba%e3%81%a3%e3%81%a6%e6%96%b0%e5%93%81%e8%b2%b7%e3%81%86%e3%81%b9%e3%81%8d%ef%bc%9f%ef%bc%9f/

シンデレラレンズを使うメリットは

F値が低く暗いシーンでも明るく撮影ができる。

軽くて気軽に持ち運べるというメリットです。

F値を下げることができれば、シャッタースピードを上げることができるので

手ブレを抑えることができる。

各メーカーで展開されているシンデレラレンズ

Canon RF50mm F1.8 STM

  • ズームレンズよりもボケやすい単焦点レンズ。 手前や背景を柔らかく大きくぼかして撮ることができ、人物を浮き上がらせて立体感のある写真が撮影できます。またF1.8は大きなボケに加え、シャッタースピードを速めて被写体ブレや手ブレを抑えたり、ISO感度を下げて撮影が可能!
  • 小型軽量レンズとして定評ある、EF50mm F1.8 STMと同等のサイズを維持しながらRFマウント化。ミラーレス一眼ならではの機動力と携帯性を損なうことなく気軽に持ち歩くことができ、街撮りや日常スナップに最適です。
  • ボディ内手ブレ補正機能を搭載したEOS R5/R6に装着すれば、IS非搭載のRF50mm F1.8 STMであっても、高精度な5軸手ブレ補正撮影が可能です。CIPA規格7.0段※の手ブレ補正効果が得られ、夜景や室内などの暗いシーンでもISO感度を上げ過ぎることなく手持ちでキレイに撮影できます。

FE 50mm F1.8 デジタル一眼カメラα[Eマウント]用 純正レンズ SEL50F18F


35mmフルサイズ対応の標準単焦点レンズ。重さ約186gの軽量・コンパクト設計で携帯性にも優れております

非球面レンズを使用した新規光学設計により、諸収差を補正し高画質を実現。開放F値1.8の明るさと円形絞りの採用により、大口径単焦点レンズならではの背景ぼけを生かした撮影表現が可能。

僕はキヤノンユーザーなのでソニーのカメラを持っていないので、知人に聞きましたが

このレンズを勧めてきました。

シンデレラレンズを使ってみようというのは違和感がありますが

あえていうなら、撒き餌レンズに釣られてみようです。