PR この記事にはアフィリエイトの広告を掲載しています。

AGAってなんだろう

-生活のあれこれ-

昨今 AGAっていう言葉がよく聞かないですか??

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味だそうです。

男性に起こる脱毛症のことです。今は女性型 AGAもあったりします。

AGAって何歳から起きるの??

人それぞれですが早い方だと10歳代から起きる人もいます!! びっくり!!

遅い人だと60歳代らしいですがそこまで行ったらもう気にせず曝け出せそうですが

とりあえず、友達より先に髪の毛が薄くなりたくない!!っていうのが本音ですよね

なかなか相談できないデリケートな話ですし、

僕は今30歳で薄毛が気になったきっかけは友達の結婚式でした。

久々に会った友達にお前きてるねって言われたのがきっかけでした。

その日は笑ってやり過ごしましたが、

結婚おめでとう!と言いながらも頭皮はお通夜か、、って思っておりました。

AGAでググって薬を調べたり、クリニック探したりとか色々してました

症状としてはおでこのM字に髪の毛が後退したり前頭部、後頭部に産毛が増えたりする現象で

毛根が細くなったりします

原理としては男性のホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンに変換される際に毛母細胞の分裂を抑制してAGAを引き起こします。

Dクリニック様から引用
https://x.gd/uto7I

テストステロンという男性ホルモンの役割は

①骨や筋肉を作る

②精子を作る

と男性には必須のホルモンです。

↑僕が柔道整復師の国家試験勉強の時にもっと詳しくやりましたけど大まかには代表2点が有名です。

テストステロンがジヒドロテストステロンに進化すると抜け毛が進行するよって話。

B連打してキャンセルできたらいいんですがね、、、(ポケモン)

AGAは遺伝??

一応言われてるのが遺伝もあるということです100%ではないですが

母方の祖父母が薄かったりすると比較的AGAになりやすいということも言われています。なので一度ご家族で薄毛の方がいないか、確認してみるものいいですね!

どんな治療があるのか??

治療法は主に内服薬(飲み薬)、外服薬(塗り薬)とあります。

中には有効成分を皮膚に直接取り込むメソセラピーというのがあります。

①内服薬

フィナステリド、デュタステリドミノキシジルとあります。

ミノキシジルはテレビCMでも聞いたことあるかもしれませんが、髪の毛を生やすお薬です。

元々は血管を拡張して血液の流れを促進する薬なんですが、これが発毛に効くぞとなり育毛剤として売られたのがきっかけだそうです。

日本ではリアップさんが有名ですよね。

ミノキシジルの副作用としては

動悸や息切れ、心血管障害、初期脱毛、多毛症です

上記にも書きましたが元は血管を拡張する薬です。血管を拡張することで流れる血液の量が増えます。そしたら心拍があがり動悸や息切れを起こします。

初期脱毛は薬を飲むことによって頭皮の発毛、脱毛サイクルを整えるので、どうしても発生してしまいます。これの期間が大体1ヶ月から3ヶ月とありました。 僕は2ヶ月くらい初期脱毛になり、家でお風呂に入ってシャワーして髪の毛が抜け、タオルドライで抜け、ドライヤーで抜けとたくさん抜けて不安になりました

そして掃除機で抜け毛を掃除する時も本当に大丈夫かな?と思っていました。

多毛症は髪の毛以外のところも毛が生えて濃くなることです。

飲んだ薬の効能が全て頭皮にいけばいいですが、そればっかりコントロールできないので腕毛やすね毛などが濃くなります。

僕はもともと体毛が薄い方でしたので多毛症になりはっきりと毛を認識することができました。クリニックだとAGA治療と並行に脱毛をするところもあります。

フィナステリド、デュタステリドは髪の毛を抜けにくくする薬です。

フィナステリドの副作用は

性欲減退、勃起機能不全、肝機能障害があります。

肝機能が不調を起こすことで

食欲不振やふくみ、黄疸と症状が出る方もあるそうです。

クリニックで処方される成分量として副作用がものすごく出るわけでもないです。

全体の1%くらいだそうです※クリニック3件受診して3件とも言っていました。

なのでクリニックでは、攻めのミノキ、守りのフィナと言われています。

②外服薬

こちらは頭皮に直接塗布する系の薬です

【今ならP10倍以上&送料無料!※12/31 23:59まで】【第1類医薬品】スカルプD メディカルミノキ5(スタンダードタイプ) 4本セット|発毛剤 ミノキシジル スカルプd 男性用

価格:19920円
(2023/12/13 23:20時点)
感想(0件)

外服薬の副作用ですが、痒み、かぶれなど

肌に合わないとかありますので初めは少量で徐々量増やして行きましょう。

内服薬とは違い外服薬は緩やかに効果が得られる

フィナステリドは国の認可が降りてますが、ミノキシジルは国の認可が未だに降りていないため

自費診療となりクリニックだとどうしても高価になってしまいます。

育毛剤を購入する方法はまた次回の更新をお楽しみにしてください。

【第1類医薬品】【発毛剤】『ミノカミング 60ml 3個セット』【育毛剤】【国内最大量ミノキシジル5%】【ミノグロウ・ミノケアよりもお得!】【薬剤師対応】 ミノキ 5% 配合

価格:8780円
(2023/12/13 23:32時点)
感想(0件)