PR この記事にはアフィリエイトの広告を掲載しています。

成人(18歳)でできること、できないこと。

-生活のあれこれ-

この記事にはアフィリエイトの広告を掲載しています。

成人式って20歳から18歳に引き下げられたのっていつだっけ??

2020年の4月から施行されたそうです。

もう4年も経つんですね。僕の地域の成人式は中学校単位で行われました。ですので高校で別々になった人とかは3年弱会ってない訳で

久々に会う友達に会えるというのが本当に楽しみで懐かしい思い出でした。就職している人もいれば、学生している人もいれば、会社を立ち上げて奮闘している人間もいました!

【1位受賞】【あす楽対応】成人式 結婚式 卒業式 浴衣 ブライダル 和装 白無垢 振袖/水引 紐 髪飾り/90cm 5本【選べる3色】ゴールド うす金 シャンパンゴールド[wa148]

価格:2970円
(2024/1/5 21:54時点)

僕は2次会は参加せずに下宿先の京都に帰りました。後から聞いたら6次会までやっていたと聞き、行けばよかったと後から後悔もしました。でもクラスの人と全員仲よかった訳じゃなかったですし、学生時代今より貧乏でしたのでね、、、でも初恋の子、ずっと片想いしていた3回告白してしっかり振った子にも会えました。めっちゃ可愛かったです。ありがとう

改めて20歳から18歳に引き下げられました。改めて知っておきたい、できることを紹介します。

逆に成人(18歳)になってもできないこと。

1、飲酒、喫煙をする
2、競馬、競輪、オートレース、競艇の投票券(馬券など)の購入
3、養子を迎えること
4、大型・中型自動車運転免許の取得(大型自動車運転免許の取得は21歳以上)

成人(18歳)になってできること

1、保護者の同意がなくてもクレカ契約、ローンが組める、携帯電話の契約
2、一人暮らしの部屋を借りることができる!
3、10年有効のパスポートを取得する(赤色の方!)
4、公認会計士や司法書士、医師免許、薬剤師免許などの国家資格を取ることも可能

18歳になって変わることと注意点|成年年齢引下げとお金のだいじな話
18歳になったらできることが今までより増える一方で、変わらず20歳になるまでできないことも。成年年齢引下げについて、大事なポイントをおさえておきましょう。
一般社団法人全国銀行協会様より引用

結婚が女性も男性同様18歳から可能となりました。元々は16歳でしたよね。僕の地元にも中学の卒業間際で結婚する!と言っていたクラスメイトがいました。早々に離婚してシンママで頑張って子育てと仕事やっていました。

国家試験に関しては一部条件で成人であること明記されているものもあります。ちなみに僕が保有している柔道整復師には年齢の制限はありません。

あとは選挙権も18歳からでしたね。

総務省|選挙権と被選挙権

毎回期日前投票しようしようと思いながら、忘れてて結局当日に投票しに行ってます。

最後に成人式の面白ニュースでもご覧ください。

子どもの頃は「少し怖かった」北九州の成人式 「アヒルの被り物」と母の振袖で臨んだ女性の胸中
「これからも健康に気をつけて、立派な大人になりたいと思います」若者たちの派手な衣装で知られる福岡県北九州市の成人式。今年は、テレビの取材に「アヒル」姿で抱負を語った新成人の姿が、ネット上で注目を浴びた...